目の疲れの原因とは

目の疲れには睡眠を取ったり目を休ませることで回復するものもありますし、休めても疲れが取れないものもあります。

疲れが取れないだけでなく、重く感じたり痛みがあったり、かすみ目に悩まされることもあります。目が重い時には頭痛が引き起こされることもありますので、たかが目の疲れと侮ることはできません。
目の疲れの原因としてよくあるのが、眼鏡やコンタクトレンズの度数が合わないことです。合わないのによく見ようとして、目のピント調節機能が働いて緊張してしまいます。そうすると目が疲れてしまいますので、度数の合ったものを使うことが大切です。最近増えているのはドライアイなのですが、ドライアイには長時間のパソコン使用やスマホ画面の見すぎなどが関係しています。また、左目と右目とで視力に差がありすぎる時も疲れを感じやすくなります。中には目が直接的な原因ではなく、自律神経失調症や更年期障害、脳の異常などから引き起こされるケースもあります。
目に良いサプリ