発酵食品は積極的に食事に取り入れたい

発酵食品を積極的に食事に取り入れることによって腸の中のバランスが整って健康へと導かれるという話があります。現在発酵食品は、その良さが見直されている状況で、皆さんもご存知だと思いますが、発酵食品というものは麹や酵母などの微生物の力を借りることによって発酵させて作られた食品のことを言います。

その食品は味噌や醤油、酒やみりん、さらに納豆や漬物などです。つまり日本の伝統食である保存食には発酵食品の比率が高いということになります。元来日本人はこのような発酵食品を積極的に食卓に取り入れていて、日常的に食べる機会が多かったものです。この事実は日本人が昔から長寿であった状況とは関係が無いとは言い切れません。その理由は発酵食には人間の腸内環境を整えてくれて腸内環境をさらに改善してくれるという人間にとってとてもありがたい力があるから、そういうことが言えるのです。人間の腸の中に存在するおよそ100兆個もの腸内細菌は、その種類が多様で500以上も存在すると言われています。その500以上の最腸内細菌の中で人にとって良い働きをしてくれる善玉菌、その反対で人にとって悪い働きをしてしまう悪玉菌、さらに健康な状態の時には何も効果を示さない日和見菌、その3種類の腸内細菌が存在しているのです。腸内細菌は腸の中をびっしりと隙間なく敷き詰められるように存在していますから、それお花畑のように見立てているので腸内フローラと呼ばれます。http://equol.savegbc.com/