直列6気筒エンジン

車のエンジンについてです。直列6気筒エンジンと V 型6気筒エンジンのことについて話をします。直列6気筒エンジンは、4ストロークエンジンとしては最もバランスのとれたエンジンということができます。

それはどうしてでしょうか。まず、6個のピストンが120°間隔で燃焼を行うちょうどクランクシャフトが2回転する720度分回るわけですけども、一つのピストンの動きで見れば2回転で1回の燃焼を行うわけですから6個のピストンが順次燃焼を行ってクランクシャフトが2回転した時に最初のピストに次の燃焼順番がやってきます。それで125度ごとの燃焼だとなぜバランスがいいのかということですが、エンジンはピストンが上下することでエンジンを揺すっているようものということができます。クランクシャフトの回転の中で直列4気筒のように180度ごとの燃焼ですとピストン1が真上か真下の時にのみピストンが押し上げる力を出してるということになります。直列6気筒では120°ことですからあるピストル燃焼が起きピストンが押し下げられまだ一番下まで下がりきらない途中で次のピストンで燃焼が起こります。だから回転が滑らかになるということができます。車無料査定は?