結婚相談所で婚活する相手の女性がシングルマザーだった

男性のあなたが結婚相談所婚活する場合、シングルマザーの女性とあなたはお見合いすることに躊躇はありませんか?

男性も女性も初婚の場合と違って、どちらかにもしくはお互いに子供がいると考えることが多くなるでしょう。

結婚相談所で多くのシングルマザーの女性も婚活しています。

結婚して離婚をした場合、子供がいても何も不思議ではありません。

日本における子持ちの離婚の場合、女性が親権を持つ方が多い

今の日本では子供がいる夫婦が協議離婚した場合ほとんどがお母さんである女性に親権が渡ります。

どちらが親権を持つかの選択かについて、子供が小さい頃だと性別はさほど問題ではありません。

男の子にしろ女の子にしろ、女性であるお母さんに対して愛情があります。

そのたえ、シングルマザーとして子供を育てる割合が多いです。

残念ながら、男性である父親は一種の稼ぎ頭としか思われていないのかもしれません。

離婚後、男性が子供に愛情を捧げる方法は養育費

特に、子供が小さい頃は男性は養育費としてお金の面倒を見て女性が愛情を捧げるケースが多いと思います。

そのため、一度でも離婚したことがある女性は「自分は結婚に失敗した」と考えています。

そのため、もう二度と離婚したくないと考えています。

そして、もし再婚を考える時もちろん婚活相手の男性も重要ですが自分の子供を最重要に考えます。

再婚相手の男性に求められるのは経済力

その時、結婚相談所で婚活している女性が再婚相手に求める条件は何より経済力です。

もちろん、性格が合うことはもちろんですが、男性のあなたは年齢や容姿より何より経済力などの安定性を求められます。

もし、あなたも離婚したころがあるバツイチの場合は子供がいても不思議でもありません。

仮に、シングルファーザーだった場合子供同士の相性もあるでしょうし、初婚の時とお互い結婚に気にするポイントは違ってくるでしょう。

婚活してシングルマザーとの再婚