髪を傷めずにドライヤーを使うには

ドライヤーをかけると、髪の毛が傷んでしまうという人がいます。これにはその人の髪質も影響しますが、ドライヤーのかけ方が悪くて傷むということもあります。

シャンプー後にドライヤーを使う時には、まず髪はタオルドライしておくようにしましょう。びしょびしょの髪にドライヤーを使っても、髪が傷みますし、何より乾かすのに時間がかかってしまいます。

 

 

また乾かす時は、最初に風量を強くして全体を乾かし、その後風量を小さくするようにしましょう。

 

 

ブローでくせをつけたい場合は、まず風量を小さくしてからブラシでくせをつけ、その後冷風にしてくせを固定します。それから髪の表側から乾かすよりも、裏側、内側から乾かした方が速く乾き、しかもあまり髪が傷まないのでお勧めです。

 

 

また乾いた髪にドライヤーでセットをしたい時には、必ず髪を湿らせてからにします。

 

 

乾いた状態でそのままドライヤーをかけても、うまくセットできませんし、髪が余計に乾燥して傷みがひどくなりますので、水でも専用ローションでもいいので、適度に湿り気を与えるようにしましょう。

 

 

http://kizi4u.net/