その皮脂取っちゃダメ!抜け毛を予防するシャワーの温度とは?

シャンプーの時の、シャワーの湯音、何度に設定していますか?
美容院でシャンプーをしてもらう時にお湯の温度を思い出してください。
少しぬるめではありませんか?

あなたは、顔に熱いシャワーをかけますか?
毛穴が開いて、皮脂を取り過ぎ、肌がバリバリになるからやらない・・ですよね。
だったら、頭皮も全く同じです。

頭皮が脂っぽいと気にしている方の中には、とにかくキレイに洗おうとして熱いシャワーを使う方がいます。
それって実は正反対の事をしている可能性が大きい事、知っていますか?
皮脂は取れば取るほど分泌量が増えてしまいます。
それは肌を守ろうとする人間の免疫機能だからです。

健康な頭皮には、正常な水分量とそれを保つための皮脂膜があります。
皮脂は自然に適正量が分泌され、肌を覆う事がその役割です。
頭皮の皮脂の適正量は、夜シャンプーした頭皮を、次の日の昼ごろ指で触った時、チョッと皮脂が指につく程度です。

誰にでもある「当たり前の皮脂」に、異常に反応してはいませんか?
皮脂を取りすぎると、雑菌の侵入を許す事になり、脂漏性の湿疹や抜け毛へと進んでしまいます。
必要なのは、頭皮の保湿とそれをキープするための正常な皮脂です。

熱いシャワーは、抜け毛薄毛への近道だと覚えておいてください。
正しいシャワーの温度は、36度から38度程度のぬるま湯です。
大切な皮脂を落とし過ぎないよう注意しましょう。

もちろんシャンプーは市販のものより育毛効果の高いシャンプーを使うのがベスト。

例えばこちらのシャンプー↓は口コミの評判もいいのでおすすめです。

ウーマシャンプー