紫外線がなければ

肌に紫外線は敵であるというふうに言われていますけども。しかし、紫外線が全くの敵

というわけではありません。紫外線がなければ健康保ということは難しいからです。つまり、病気になってしまうということもあるからです。例えばスウェーデンでは、日光浴をするという習慣がありますけども、夏が短く紫外線のエネルギーも弱いためできるだけ日に浴びようとしているわけです。この日光浴は北欧の人にとっては本当に大事な意味を持っているということができます。北欧には尋常性乾癬と呼ばれるような病気があります.これは醜くて治りにくい皮膚秒ということが多くてこの皮膚美容は紫外線の少ないことが原因の一つというふうに考えられています。ですから、紫外線は肌の白さを保つという上では非常に的であると言えるかもしれませんけども、しかし健康保上では非常に重要なものということができるでしょう。ですので、何事もバランスが重要と言えるでしょう。ムーモ 公式サイト