二つのタイプ

日焼けというのは、太陽光線のわずか1%に過ぎない紫外線によって引き起こされていきます。

実はこの紫外線には二つのタイプがあります.一つは海水浴によって急に日にさらされたために肌が赤くなってヒリヒリして水疱ができたりするものです。これはサンバーンと呼ばれているものです。これは所謂火傷です。もう一つは色素が増加して黒くなるものです。これをサンタンと呼びます。同じ紫外線でありながらも、このように2種類の日焼けが生じるのはどうしてなのでしょうか。実は紫外線の採用波長に違いがあるということができます。サンバーンと呼ばれる日焼けですがこれの紫外線の波長は2泊80~320ナノメーターになります。また、サンタンですけども、紫外線は320~400ナノメーターというような種類になります。他にも180~280ナノメーターと呼ばれる種類もあります.こうした波長の違いによって、日焼けの種類に違いが出てくるということができます。サンバーンにしてサンタンにしても、一般に非火傷言われるものについては医学的にみると、その必要性が疑わしいという人もいます。肌を避妊薬習慣をもともと日光に乏しい北欧の人たちの生活経験から生まれた知恵ということができます。日本の場合には日光に恵まれていますから。適度に散歩などを行っていれば10油分光を浴びます。ヴィーナスカーブ 公式サイト