ひとり暮らしをするため引っ越しをしました。

短くて辛い結婚生活が終わりを告げ、私は自分の荷物をまとめ始めました。

毎日仕事の後、深夜まで荷造りをしました。
相手はその間、外出していたので、荷造りは順調に進み、わずか4日で終わりました。
その際、相手との思いの入ったものは全てゴミの袋へ入れました。何のためらいもありませんでした。

ダンボール箱15個近い荷物をいよいよ運ぶ日。
引っ越し業者の作業員が、素早く荷物をトラックに運び入れ出発しました。

私は二度と帰らないこの家に鍵をかけ、相手との約束通り鍵をポストに入れて去ろうとすると、
外出しようとドアを開けた隣の人が、私を見てあせってドアを閉めました。

荷物が新しいアパートへ到着すると、私はとてもほっとした気分になりました。
これからは、苦しい思いをすることもなく、私は自由だ!!と思うと、笑い出しました。

引っ越しで搬入した荷物はすぐに開けて、その日のうちに部屋を整理しました。
そして、足りないものは翌日買うことにして、その日はゆっくり休みました。

翌日は、朝から近くのショッピングモールへ買い出しに行きました。
引っ越しをすると、収納やカラーボックスなど色々なものが必要になります。

最初に買うと身動きが取れなくなると思ったので、まずはコーヒーショップで休憩することにしました。
ホットコーヒーとケーキを頼み、ささやかな引っ越し祝いをしました。
とても満たされた気持ちでケーキの味も美味しかったです。

http://realtyexecs-scv.com/